徹底したバレない対策|風俗求人のマイナスイメージ払拭!実は働きやすいお仕事
振り返る女性

徹底したバレない対策

りんごを持っている女性

ソープは風俗の王様と呼ばれています。王様と呼ばれている理由は、「過激で濃厚なサービスをする」からです。
風俗店の中でもテクニックが要求されるお店ではありますが、未経験でも採用しているお店も多いです。そのため、風俗業界で働いたことがないという女性でも働けます。
誰でも、入店時には講習を受けます。講習方法はソープ店によって違いますが、テキストやDVDを使って自ら学ぶ場合もあれば、現役のソープ嬢から直接指導してもらう場合もあります。
はじめてソープの仕事をするとなれば不安でいっぱいだと思いますが、基本的に入店前にお試しで働くことができます。こうした制度は体験入店と呼ばれます。
体験入店をすることで、お店の雰囲気、仕事内容、客層などがわかります。今後自分は働いていけるか、このお店でやっていけるか判断しましょう。
体験入店は面接のあと行われることが多いですが、当日は準備不足で体験入店できないという場合には後日でもOKです。

ソープの求人へ応募したいけど働いていることがパートナーや友達、職場に知られてしまったら困る…。こうした方は多いでしょう。ただ、ソープ求人を見ていると「アリバイ対策万全」といった待遇が掲載されていることがあります。アリバイ対策というのは、風俗店で勤務していることをお店側が最大限に隠してくれるものです。他業種に勤務していることにしてくれますので、給料明細や源泉徴収票などは風俗店名ではありません。また、身内から電話がかかってきても企業のように対応してくれますのでバレることはありません。
もしも、お店に知り合いの男性がきて鉢合わせしてしまったら?という心配もありますが、ソープのような店舗型風俗の場合、お客さんが来たときにモニターでチェックできるようになっています。そのため、知り合いが来た場合に鉢合わせするといったことは起こりませんので安心できます。